彼女の話

2001.9.11のあの夜

投稿日:2017年9月11日 更新日:

あの9.11から16年も経った。
彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。


その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。
使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとんどなかった。
あの夜を除いて。


あの時彼女はふと目を覚ました。
真夜中だ、と思った。
いつもは途中で目を覚ますことなどあまりないのに、どうしてだろうと不思議に思いながら
無意識に彼女はラジオのスイッチに手を伸ばし電源を入れた。
「?」
ラジオのDJは何事かについて話しながらケタケタと笑っていた。
なぜだかやたらと冴えた頭が気になった。


自分でもよく分からないままとりあえず用を足し、
ベッドに戻ると、そばのプレーヤーからけたたましいアナウンスが突如として破裂した。
彼女は心底驚いた。
聞こえてきたのはニューヨーク、飛行機、ピンとこないビルの名前。
彼女の想像力が脳内を駆けずり回ってラジオの言わんとしていることをまとめようとした。


数十秒たった時だったか、しばらくそれを聞いていたのか分からなかったが、
彼女は突然猛烈な眠気に襲われた。
ラジオドラマの1シーンかな・・・と薄れていく意識の中で思った。


あくる朝テレビを観て彼女は絶句した。
ラジオドラマではなかったのだ。
彼女は飛行機がツインタワーに突っ込む直前に目を覚ましたことにぞっとした。
自分がラジオをつけた瞬間にあった様々な命がベッドに戻った時にはなかったのだ。
そしてなんの根拠もなく彼女は確信した。
形は違ったとしても、あの時間あの瞬間、自分と同じ体験をした人間が世界にいる。
それもひとりやふたりではない。


それから数日彼女はかなり不安定だった。
テレビもみないようにした。
苦しくて何もみたくなかった。



あれから何年も経って彼女はニューヨークへ行く機会に恵まれた。
当時はあの夜のあの場所へ行くのを少しためらっていた。
それでも2か月弱の滞在は9.11を悼むメモリアルプレイスへ足を向けるには十分な期間だった。
バリケードの向こうに残された瓦礫をみて涙することもなく彼女はただ
「ああ」と吐き出した。


僕は少し気になって実際に飛行機がツインタワーに突っ込んだ日本時間を調べたが、
それは午後9時45分ごろだった。
彼女の言うように真夜中ではない。
考えてみると当時の彼女はほとんど学校にも行っておらず生活はかなり乱れていた。


僕はそれとなく彼女に実際の時間を伝えたことがあるのだが、
彼女は少し考えるように遠くをみて
いや、あれは闇だけの真夜中だった、と応えた。

 

 

2001.9.11のあの夜

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ