彼女の話

2001.9.11のあの夜

投稿日:2017年9月11日 更新日:

あの9.11から16年も経った。
彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。


その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。
使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとんどなかった。
あの夜を除いて。


あの時彼女はふと目を覚ました。
真夜中だ、と思った。
いつもは途中で目を覚ますことなどあまりないのに、どうしてだろうと不思議に思いながら
無意識に彼女はラジオのスイッチに手を伸ばし電源を入れた。
「?」
ラジオのDJは何事かについて話しながらケタケタと笑っていた。
なぜだかやたらと冴えた頭が気になった。


自分でもよく分からないままとりあえず用を足し、
ベッドに戻ると、そばのプレーヤーからけたたましいアナウンスが突如として破裂した。
彼女は心底驚いた。
聞こえてきたのはニューヨーク、飛行機、ピンとこないビルの名前。
彼女の想像力が脳内を駆けずり回ってラジオの言わんとしていることをまとめようとした。


数十秒たった時だったか、しばらくそれを聞いていたのか分からなかったが、
彼女は突然猛烈な眠気に襲われた。
ラジオドラマの1シーンかな・・・と薄れていく意識の中で思った。


あくる朝テレビを観て彼女は絶句した。
ラジオドラマではなかったのだ。
彼女は飛行機がツインタワーに突っ込む直前に目を覚ましたことにぞっとした。
自分がラジオをつけた瞬間にあった様々な命がベッドに戻った時にはなかったのだ。
そしてなんの根拠もなく彼女は確信した。
形は違ったとしても、あの時間あの瞬間、自分と同じ体験をした人間が世界にいる。
それもひとりやふたりではない。


それから数日彼女はかなり不安定だった。
テレビもみないようにした。
苦しくて何もみたくなかった。



あれから何年も経って彼女はニューヨークへ行く機会に恵まれた。
当時はあの夜のあの場所へ行くのを少しためらっていた。
それでも2か月弱の滞在は9.11を悼むメモリアルプレイスへ足を向けるには十分な期間だった。
バリケードの向こうに残された瓦礫をみて涙することもなく彼女はただ
「ああ」と吐き出した。


僕は少し気になって実際に飛行機がツインタワーに突っ込んだ日本時間を調べたが、
それは午後9時45分ごろだった。
彼女の言うように真夜中ではない。
考えてみると当時の彼女はほとんど学校にも行っておらず生活はかなり乱れていた。


僕はそれとなく彼女に実際の時間を伝えたことがあるのだが、
彼女は少し考えるように遠くをみて
いや、あれは闇だけの真夜中だった、と応えた。

 

 

2001.9.11のあの夜

-彼女の話

執筆者:

関連記事

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ