彼女の話

3月10日

投稿日:

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。
3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。
彼女はそれを少し不思議に思っている。


これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあったのかもしれないし、
もしかしたらこれから何かあるのかもしれない。
心がグラつく3月9日と3月11日の間に「何もない」のが不自然な気がするのだ。

何かあるはずでは・・・毎年期待と不安を胸に抱きながら彼女は3月10日を過ごす。



3月10日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ