彼女の話

3月10日

投稿日:

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。
3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。
彼女はそれを少し不思議に思っている。


これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあったのかもしれないし、
もしかしたらこれから何かあるのかもしれない。
心がグラつく3月9日と3月11日の間に「何もない」のが不自然な気がするのだ。

何かあるはずでは・・・毎年期待と不安を胸に抱きながら彼女は3月10日を過ごす。



3月10日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

おでこのこり

最近とても気になっていることがある。 それは彼女のおでこのコリだ。 彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど いつの間にか眉間に力が入ってしまう。 しわができない代わりにずっ …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ