彼女の話

腱鞘炎

投稿日:

彼女は最近線を描く。
あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。


会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、
とにかく昔から彼女は手をよくやられる。
腱鞘炎も手根管症候群も一度なるとなかなか治らないらしいので、
手術となるほど症状がひどくならない限り、日々うまく付き合っていくしかない。


点を無数に打っていく作業は作り上げられていく彼女の世界が毎回違っていたとしても
結果として指や手や腕にとっては同じ動作が延々と続くことになり、
彼女の筋肉や神経を刺激し続ける。
マッサージでほぐしたり、ストレッチをしたりするのだが、
その作業に追いつかないことが多く、彼女の腕はいつもかなり張っている。


右手がすぐにダメになってしまうので、最近は無理に左手で点を打っていたが、
普段使わない筋肉を急激に疲弊させてしまったので、指がつるようになってしまった。
使いすぎた手はその原因となっている作業をやめることが一番の治療となる。

彼女は仕事でも手をよく使う。
時々朝起きると寝てる間に固まってしまった筋肉に激痛が走ることがあり、
これ以上は仕事ができないと彼女は悲しそうにペンを置いた。
彼女も生きていかなければならない。


点を打たない代わりに彼女は鉛筆をゆるくもって、線を描くようになった。
急に線を描くようになっても何を描けばいいか分からずただたくさんの線を描いている。

彼女はいつも気分によって手をつけたい絵が変わるので、
何枚かの絵が同時進行されていることが多い。
できるときは数枚が一斉に描き終えられたりする。

今描きかけの点描画はおそらく6枚。
それらに思いを馳せながら線を描いていると、なんだか浮気でもしているような気がして
少し涙がでるという。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

PREV
NEXT
3月9日
記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ