彼女の話

腱鞘炎

投稿日:

彼女は最近線を描く。
あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。


会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、
とにかく昔から彼女は手をよくやられる。
腱鞘炎も手根管症候群も一度なるとなかなか治らないらしいので、
手術となるほど症状がひどくならない限り、日々うまく付き合っていくしかない。


点を無数に打っていく作業は作り上げられていく彼女の世界が毎回違っていたとしても
結果として指や手や腕にとっては同じ動作が延々と続くことになり、
彼女の筋肉や神経を刺激し続ける。
マッサージでほぐしたり、ストレッチをしたりするのだが、
その作業に追いつかないことが多く、彼女の腕はいつもかなり張っている。


右手がすぐにダメになってしまうので、最近は無理に左手で点を打っていたが、
普段使わない筋肉を急激に疲弊させてしまったので、指がつるようになってしまった。
使いすぎた手はその原因となっている作業をやめることが一番の治療となる。

彼女は仕事でも手をよく使う。
時々朝起きると寝てる間に固まってしまった筋肉に激痛が走ることがあり、
これ以上は仕事ができないと彼女は悲しそうにペンを置いた。
彼女も生きていかなければならない。


点を打たない代わりに彼女は鉛筆をゆるくもって、線を描くようになった。
急に線を描くようになっても何を描けばいいか分からずただたくさんの線を描いている。

彼女はいつも気分によって手をつけたい絵が変わるので、
何枚かの絵が同時進行されていることが多い。
できるときは数枚が一斉に描き終えられたりする。

今描きかけの点描画はおそらく6枚。
それらに思いを馳せながら線を描いていると、なんだか浮気でもしているような気がして
少し涙がでるという。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

PREV
NEXT
3月9日
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ