彼女の話

鍋と肺

投稿日:

彼女は鍋の中を見つめていた。
鍋の中には木綿の布きんが3枚とセルソースのスポンジが一つ入っていた。

鍋の中には他に重曹とかお酢か何か酸性のものが入れられて煮洗いされていた。
布きんと一緒にぐつぐつ。
ぐつぐつ、ぐつぐつ、ぐつぐつ、ぐつぐつ。

毎週日曜の夜、彼女はこの儀式を約10分続ける。
小さくともしたガスの青い火と鍋を前に菜箸をもたげて彼女は立っている。
その間静止したまま、もはや息をしていないのではと思うほどに身じろぎしない。
そのままおとぎ話の鍋に頭から吸い込まれてしまうように
焚火を前に、フタを開けた洗濯機の前に、ぐつぐつ言う鍋を前に、
人はどうして見入って動けなくなる。


ぷぷぷぴぴ ぷぷぷぴぴ ぷぷぷぴぴ


僕の50cm先で突然音がなった。
「アレクサ、ストップ」
ハッとして彼女が声をかける。
ファンシーな音をたてたのはAmazon Ecohだった。
確かに、だれかが(なにかが)止めなくちゃ。


ガスをとめても、彼女は小さく鼓動する鍋の中を見つめていた。
それは空気を含んだ木綿が余熱でぷくぅっと膨らんでいるに過ぎなかったが、
鼓動する肺のようにも見えた。
それほどに布きんはきれいにまあるくドームしていたのである。





-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ