彼女の話

認められるということ

投稿日:

認める、というのは人が成す行為だ。
彼女は認められたいと思っている。
彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。


彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。
絵はただの絵だ。
彼女が欲しているのはおそらくその過程への承認なのだ。


僕もよくわかっていないので抽象的な話になってしまうのは否めないが
彼女の絵が成されるまでの、その手がなぞるその時間を経緯をその線を点を彼女はただ認めてほしいのかもしれない。


ただ、それでいいと、認められたいのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ