HSPとその他の話 彼女の話

必然想起

投稿日:2017年8月10日 更新日:

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。
その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。


彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、
それはまたデジャヴとも違うらしい。

分かりにくいかもしれないがその想起の感覚は
電子レンジを回していることをすっかり忘れてしまい、
しばらくしてそういえばミルクを温めていたのだった、と思い出す瞬間に似ているらしい。
大半はぬるくてもまあいいかと思えるような記憶かもしれないが、
たとえすっかり冷めてしまっていたとしても
また最初から温め直さないといけないかもしれないな、と考える意味ある大切な記憶もある。

そんな記憶もミルクも「いつか絶対に取り出さなければならない」という点で同じだが、
しかしそんな記憶がミルクと違うのは、電子レンジに入れてから思い出されるまでに
数年から10年以上の月日が経っているということだ。

彼女にそのドアを今開けろといってくる電子レンジの意図とはなんだろう。








ちなみにそんな記憶とミルクの違いはもう一つあって、
それは腐るか、腐らないかというなのだ。

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ