HSPとその他の話 彼女の話

必然想起

投稿日:2017年8月10日 更新日:

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。
その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。


彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、
それはまたデジャヴとも違うらしい。

分かりにくいかもしれないがその想起の感覚は
電子レンジを回していることをすっかり忘れてしまい、
しばらくしてそういえばミルクを温めていたのだった、と思い出す瞬間に似ているらしい。
大半はぬるくてもまあいいかと思えるような記憶かもしれないが、
たとえすっかり冷めてしまっていたとしても
また最初から温め直さないといけないかもしれないな、と考える意味ある大切な記憶もある。

そんな記憶もミルクも「いつか絶対に取り出さなければならない」という点で同じだが、
しかしそんな記憶がミルクと違うのは、電子レンジに入れてから思い出されるまでに
数年から10年以上の月日が経っているということだ。

彼女にそのドアを今開けろといってくる電子レンジの意図とはなんだろう。








ちなみにそんな記憶とミルクの違いはもう一つあって、
それは腐るか、腐らないかというなのだ。

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ