HSPとその他の話 彼女の話

必然想起

投稿日:2017年8月10日 更新日:

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。
その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。


彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、
それはまたデジャヴとも違うらしい。

分かりにくいかもしれないがその想起の感覚は
電子レンジを回していることをすっかり忘れてしまい、
しばらくしてそういえばミルクを温めていたのだった、と思い出す瞬間に似ているらしい。
大半はぬるくてもまあいいかと思えるような記憶かもしれないが、
たとえすっかり冷めてしまっていたとしても
また最初から温め直さないといけないかもしれないな、と考える意味ある大切な記憶もある。

そんな記憶もミルクも「いつか絶対に取り出さなければならない」という点で同じだが、
しかしそんな記憶がミルクと違うのは、電子レンジに入れてから思い出されるまでに
数年から10年以上の月日が経っているということだ。

彼女にそのドアを今開けろといってくる電子レンジの意図とはなんだろう。








ちなみにそんな記憶とミルクの違いはもう一つあって、
それは腐るか、腐らないかというなのだ。

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ