彼女の話

くろくなる光

投稿日:

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」

彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。



久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。
まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって
きれいに上からプレスされたかのように彼女はペラペラになって横たわっていた。


僕はその姿をみて、しまったと思った。
彼女はすっかりまた・・・


彼女を断続的に襲うとんでもない孤独と不安。
何が引き金となるのかいつも分からない。
徐々に彼女を蝕んだり、後ろから突然襲ったりする。


こういう時の彼女は僕から見ても彼女と言い難い。
彼女と言葉を交わしていても、違う誰かと話しているようなおかしな感覚に陥ることがある。
それは俗にいう二重人格とかいうものではなく、
彼女が自分自身に対してひどく客観的な他人行儀な彼女になってしまうのである。
それは例えば
”ごはん何を食べたんだい?”と問うて、
「ああ、食べたんだと思うけど、えっと・・・すごく眠いみたいで」
といった端的なものから、
いつもに増して彼女の使う言葉や表現が独特になってしまうこともある。
僕はいちいち頭の中で?を繰り返してしまって会話が苛立たしくならないように気をつけないといけなくなる。
彼女は最初から誰かに理解してもらおうと思って話しているわけではないから
分からないのは当然かもしれないが。


以前彼女はこんな状態の自分を振り返って
頭に一膜かかっているようなのだと話したことがある。
何かが覆っているから、それをズリズリ頭から剥ぎだしてしまえば一気にスッキリしそうな気がするんだけど、と。
膜は頭だけにとどまらず、そのうち彼女の全身を包んでいく。


次に行ったときには彼女の体はひどくしなって、ぐにゃりと腹部だけが沈んでいるようだった。
紙みたいにペラペラのはずなのに覆った膜の重さで城の地下まで突き破っていくかに思えた。


無気力に守られた彼女は、もう起き上がろうともしない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

プラグマティックシャッター

だから彼女はだれとも親しくならない。 少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で 意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。 そして相手は”こんな人だったのか”と思っ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ