彼女の話

くろくなる光

投稿日:

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」

彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。



久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。
まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって
きれいに上からプレスされたかのように彼女はペラペラになって横たわっていた。


僕はその姿をみて、しまったと思った。
彼女はすっかりまた・・・


彼女を断続的に襲うとんでもない孤独と不安。
何が引き金となるのかいつも分からない。
徐々に彼女を蝕んだり、後ろから突然襲ったりする。


こういう時の彼女は僕から見ても彼女と言い難い。
彼女と言葉を交わしていても、違う誰かと話しているようなおかしな感覚に陥ることがある。
それは俗にいう二重人格とかいうものではなく、
彼女が自分自身に対してひどく客観的な他人行儀な彼女になってしまうのである。
それは例えば
”ごはん何を食べたんだい?”と問うて、
「ああ、食べたんだと思うけど、えっと・・・すごく眠いみたいで」
といった端的なものから、
いつもに増して彼女の使う言葉や表現が独特になってしまうこともある。
僕はいちいち頭の中で?を繰り返してしまって会話が苛立たしくならないように気をつけないといけなくなる。
彼女は最初から誰かに理解してもらおうと思って話しているわけではないから
分からないのは当然かもしれないが。


以前彼女はこんな状態の自分を振り返って
頭に一膜かかっているようなのだと話したことがある。
何かが覆っているから、それをズリズリ頭から剥ぎだしてしまえば一気にスッキリしそうな気がするんだけど、と。
膜は頭だけにとどまらず、そのうち彼女の全身を包んでいく。


次に行ったときには彼女の体はひどくしなって、ぐにゃりと腹部だけが沈んでいるようだった。
紙みたいにペラペラのはずなのに覆った膜の重さで城の地下まで突き破っていくかに思えた。


無気力に守られた彼女は、もう起き上がろうともしない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ