「 彼女の話 」 一覧

noimage

燻る-くすぶる

2018/03/09   -彼女の話

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

彼女の隣人

彼女の隣人

2018/03/06   -彼女の話

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

バランスボールの中の小人

2018/02/28   -彼女の話

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

夢の話3

2018/02/27   -彼女の話

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

2018/02/25   -彼女の話

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

noimage

イニシャルドリーム2

2018/02/22   -彼女の話

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

雪の夜

雪の夜

2018/02/12   -彼女の話

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

2018/02/07   -彼女の話

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

2018/01/23   -彼女の話

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

彼女のじんましん2

2018/01/16   -彼女の話

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

彼女のじんましん

2018/01/09   -彼女の話

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

2018/01/05   -彼女の話

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

(no title4)

2018/01/03   -彼女の話

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」

noimage

(確固)

2018/01/02   -彼女の話

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ