「 投稿者アーカイブ:Me 」 一覧

noimage

彼女と冬のあたたかみ

2019/12/08   -彼女の話

ぶぅぅぅぅ‥‥‥‥ん 冬の夜、眠りにつく頃どこからともなく聞こえてくるエアコンの室外機が生む軽い低音。彼女の城のご近所で誰かが暖房をきかせている。彼女はその音がいつだって好きだ。疲れていても苦しくても …

noimage

意識する彼女

2019/12/01   -彼女の話

彼女は気性が激しい。 それは彼女がなかなか人と親しくならない理由の一つでもある。泥の下でプスプスとグラついている熱情が火柱を上げて瞬発的に顕現するのを恐れている。そうやって自分が傷つけてきた人たちを彼 …

鍋と肺

2019/10/28   -彼女の話

彼女は鍋の中を見つめていた。 鍋の中には木綿の布きんが3枚とセルソースのスポンジが一つ入っていた。 鍋の中には他に重曹とかお酢か何か酸性のものが入れられて煮洗いされていた。 布きんと一緒にぐつぐつ。 …

noimage

「・・・卵かけご飯・・・」

2019/10/06   -彼女の話

「 自分に向き合うってどういうことでしょうか。自分と徹底的に向き合うって何をするんでしょうか。 卵かけご飯みたいによく聞く言葉なのに自分で口に出すには何だか少し、いや、かなり少なくとも私には気恥ずかし …

noimage

「2019年9月17日の夜」

2019/09/24   -彼女の話

 「  誰かを助けるためにある人が水で舟を錬金術みたいに作りました。周りで何人かの人が手伝っていました。舟は型があるだけだったので、その内の一人が水の中へ潜って、ずーっとずーっと深い所から大きくて長い …

noimage

下書きがものすごく気になるが

2019/08/11   -彼女の話

僕はこの1年以上ほとんど書いていないのだが、 それでも時折書こうとしては下書きフォルダを覗く。 気になるキーワードやタイトルの欠片を見つけては見つめ、 おかしな罪悪感と共に目を(ページを)閉じる。 毎 …

怒りと光り

怒りと光り

2019/07/07   -彼女の話

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

noimage

吐き出される夢

2019/06/26   -彼女の話

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。 彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に 前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。 正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢 …

noimage

6月

2019/06/23   -彼女の話

彼女は城のベランダの手すりに体をもたせかけて 向かいの川沿いに生え茂る草や木々を見つめていた。 眩しかった。 冴え渉る空の青に木々の緑が風の勢いを借りて下から覆いかぶさろうとしていた。 そしてそれは太 …

noimage

3月11日-ある春の日

2019/05/18   -彼女の話

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

表面下の世界

表面下の世界

2019/01/16   -彼女の話

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

渇き

渇き

2019/01/07   -彼女の話

また新しい年が明けた。 平成が終わる。 平成最後の。 時代が変わる。 あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。 彼女にはなんの関係もないことだ。 その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。 年が明けたばかり …

秋晴れ

秋晴れ

2018/11/24   -彼女の話

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

優しい時間

優しい時間

2018/10/19   -彼女の話

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

アンビバレンス3

2018/09/18   -彼女の話

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ