「 月別アーカイブ:2017年08月 」 一覧

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

2017/08/29   -彼女の話

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

2017/08/27   -彼女の話

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

なんという赤!

なんという赤!

2017/08/24   -彼女の話

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

2017/08/23   -彼女の話

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

2017/08/22   -彼女の話

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

恋判定

判定

2017/08/20   -彼女の話

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

noimage

彼女が人を殺した朝

2017/08/18   -彼女の話

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

彼女と夏

2017/08/16   -彼女の話

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

彼女と税金

2017/08/15   -彼女の話

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

2017/08/12   -彼女の話

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

ミルクと牛乳

2017/08/11   -彼女の話

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ